Home > Archives > 2007-01

2007-01

Flash8のSeekbarとVolumebarのバグについて

ちょっと情報が古いですが、Flash8のコンポーネント「FLV Playback」にバグがあったらしい。YouTubeなどで使われているようなFLVのプレイヤーをオリジナルのデザインで作ろうと思ったときに「FLV Playback Custom UI」というコンポーネントを使うのだが、その中の「SeekBar(ビデオの再生位置の表示と移動)」と「VolumeBar(音量調整するところ)」を同時に使うと、どちらか片方しか使えなくなるという状態になってしまった。本来ならどっちもハンドルをドラッグして再生位置や音量を調節できるのだが、ステージ上で上にあるものしか調節できなくなってしまう。

といっても現在出荷されているものや、ダウンロード版のものは直ってるみたいです。正確な時期は不明ですが、初期にパッケージで買ったままのものとかはこのバグが残っているようで、会社のStudio8ではこのバグが残っていて焦りました。

WS000003.JPGその確認は「FLVPlayback」のコンポーネントインスペクタを見ればわかります。「コンポーネント」から「FLVPlayback」をステージ上に置き、そいつをクリックして「コンポーネントインスペクタ」を開く。『version_1_0_1』というパラメータ(表の左側。値は空です)があれば最新版です。もしそんなパラメータがなければ古いバージョンなので、FLVPlaybackを使うならアップデートが必要かなと。Adobeのサイト(英語)からアップデートファイルをダウンロードできるのでどうぞ。

Flash Professional 8 FLVPlayback 1.0.1 Component Update

6/20/2006 This update provides fixes for problems related to SMIL support in the initial release of the FLVPlayback component. It also addresses some issues related to streaming from the Flash Media Server and Flash Video Streaming Service (FVSS) partners as well as some minor issues related to using custom UI controls. Anyone working with the FLVPlayback components should apply this update. Installation instructions are included with the download in the Readme file.

Macromedia Flash Support Centerの「Flash Professional 8 FLVPlayback 1.0.1 Component Update」のあたり。

日付が2006年6月20日とあるので、それよりも前に購入(ダウンロード)したものはアップデートをしておいた方がいいかも。やり方はReadmeにもある通り簡単で、アップデートファイルを該当のフォルダに入れるだけ。

あと、アップデートファイルのReadme.htmによると

ライブラリ内に何らかの UI コンポーネントがあると、カスタムコンポーネントの seekBar および volumeBar がいずれも動作しない

特定の UI コンポーネントがステージ上またはライブラリ内にあると、FLVPlayback のカスタム UI コンポーネントである SeekBar および VolumeBar が動作しません。厳密には、これらのコンポーネントのうち一方は動作しますが、もう一方のハンドルはクリックしても反応しなくなります。この問題は、 SeekBar または VolumeBar のいずれか一方、または両方を空のムービークリップでラップすることにより回避できます。なぜなら、2 つが同じタイムライン上にある場合に限ってバグが発生するためです。

とのこと。自分がやった場合とは症状が若干違う気もするが、とりあえずアップデートすればバグは直るようです。

他にも何種類かのバグが直ってるようで、まとめると以下の5つらしい。

・FMS 2 からのストリーミング中、スキン上で再生/一時停止ボタンを使用すると、再生ヘッドが時間 0 の位置に戻る
・FLVPlayback の SMIL サポートが標準規格に適合していない
・ライブラリ内に何らかの UI コンポーネントがあると、カスタムコンポーネントの seekBar および volumeBar がいずれも動作しない
・拡張子 .flv を指定すると、同じ FMS または FCS サーバーとアプリケーションから 2 つ目の FLV をロードできない
・Flash Media Server に対する特定形式の URL で、サイズ変更のために非表示となったビデオコンポーネントが表示されなくなる

あとは機能強化もされてるみたいです。

・SMIL 要求に対する動的なパラメータの追加
・Flash Media Server (FMS) 2 対応のための FPAD サポート
・バージョン情報

しかしAdobeの日本語サイトにはアップデートやバグの情報が載ってないってどういうこと?

Googleのサーバーエラー画面発掘

  • 2007-01-14 (日)
  • WEB

パソコンのデータの整理をしていたら、2006年の2/21にキャプチャしたGoogleのサーバーエラー画面が出てきたので載っけときます。「502 Server Error」とあり、メッセージを見ると一時的なエラーみたいですね。ちょうど会社のproxyが不安定な時期だったので、念のためキャプチャしてたやつです。

スカ+ヒップホップ+ジャズ+キューバ=The Cat Empire

The Cat Empireっていうバンドがいい。すごく。
おおざっぱにいうと
スカ+ヒップホップ+ジャズ+キューバ=The Cat Empire
てな感じかなと。
聞いててほんとに楽しいっす。

データとしては
http://eplus.jp/sys/web/yo-gaku/artist/P000650750.html

1999年、オーストラリアにて始動。ジャズ・クラブなどで演奏する内にメンバーが加わっていき、最終的には基本メンバーは6人となる。ジャズ、レゲエやヒップホップ、キューバ・ミュージックの要素まで交え、ダンサブルで楽しげなサウンドをライヴを中心に披露。ステージにはホーン・セクションやダンサーも登場し、10人超の編成になるというユニークな形態を取っている。2005年、Virginから1stアルバム『Two Shoes』をリリースした。

オーストラリアのバンドでこんなサウンドが生まれるとは。
とりあえず「Hello」を聞いてもらうとその一端がわかると思う。

一瞬G.LOVE?とか思うが、ホーンセクションの楽しい感じとオルガンが効いてますね。
ヒップホップ調だけど、どこかとぼけた感じのボーカルもいいです。(ちょっとCLASHに似てる?)
リズムはスカやヒップホップなんだけど、曲によってはキューバっぽい音が混ざって
とても心地いいサウンドに仕上がっております。
思わず体が動きますねこれは。

ライブ観てみたい!と思ったら
自分が行った日とは違う日のSUMMER SONIC 2006(8/13 [Sun])にも来てたらしいっす。

SUMMER SONIC 06 | MTVJAPAN.com : EVENT(ページの下の方:期間限定)

ライブ映像を見るとボーカルがちょっとイマイチだが、演奏がめっさ楽しい!
見たかったなあ。くうっ。

>>The Cat Empire 公式サイト
>>The Cat Empire- The Car Song

Home > Archives > 2007-01

Search
Feeds
Meta

Return to page top