Home > Archives > 2006-09

2006-09

情報との距離感

企業のシェア争いはサッカーに似ているとふと思った。

最近ではGoogle vs. Yahoo! vs. Micosoft やDoCoMO vs. KDDI vs. SoftBankが賑わってますが、各分野でのシェア争いは情報や憶測が飛び交い、どうなるのかなー?と日々情報を追っかけているだけで、結構楽しい。
情報の収集はネットからがほとんどでそれらの情報と同時に「サッカー(欧州リーグ)」「総裁選」などの情報も入ってくる。今年のバルサとレアルはどうか?移籍シーズンにはやきもきさせられ、始まったら始まったでスペインスーパーカップで3-0で負けるわで、大丈夫か?とか。

ここに共通するのは受け取る側(自分)の情報の等価性と距離感である。

スペインリーグの移籍情報やら、Googleの新サービスのリリースやら、総裁選やらも、受け取る自分にとってはすべてフラットで、メディアを通して触れることは出来るけれども、どこか対岸の火事なのである。総裁選などはその結果が、自分の現実の生活に直結する部分も多いはずなのだが、どこか冷めていて、バルサが勝った負けたとかと同じぐらいの重みでしか自分の中では存在しない。

一傍観者となっている自分に焦りも感じるが、
リアルに自分に関係のあることとして受け止められる情報がそんなに多くはないのも事実だ。

Home > Archives > 2006-09

Search
Feeds
Meta

Return to page top