Home > CSS > XHTMLの文書型宣言(DTD宣言)

XHTMLの文書型宣言(DTD宣言)

  • 2006-05-05 (金) 21:21
  • CSS

XHTMLは1行目にXML宣言が必要なのだが、

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>

この部分は文字コードが「UTF-8」「UTF-16」の場合省略できる。他の文字コードを使う場合は必須。
ただ実はこれを入れてしまうと、WIN IE6では「過去互換モード」が採用されてしまい、スタイルシートの適用が意図したとおりに行かないことがある。他のモダンブラウザでは問題ないのにね。他の異常な挙動も含めて、WEBにおけるMicrosoftの罪は重いです(もちろん貢献度も大きいのだが)。

で次に文書型宣言。現在XHMLでは以下の三つのどれかを指定できる。

【XHTML 1.0 Strict】
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN”
“http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd”>
【XHTML 1.0 Transitional】
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN”
“http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd”>
【XHTML 1.0 Frameset】
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Frameset//EN”
“http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-frameset.dtd”>
【XHTML 1.1】
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN”
“http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd”>

XHTML 1.1はXHTML1.0と微妙に書式が違う部分もあるので要注意。
すぐ次のhtml要素の名前空間と言語コードの指定部分は以下の通り。

【XHTML 1.0】
<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml” xml:lang=”ja” lang=”ja”>
【XHTML 1.1】
<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml” xml:lang=”ja”>

XHTML 1.1ではlang属性が認められてないため、「xml:lang」を使わなくてはいけない。
とりあえずこれで、あとはhead要素とbody要素をつけてやればXHTML文書の出来上がり。

<?xml version=”1.0″ encoding=UTF-8″?>
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN”
“http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd”>
<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml” xml:lang=”ja”>
<head>
<title>XHTML1.1</title>
</head>
<body>
<p>XHTML1.1文書です</p>
</body>
</html>

add to hatena hatena.comment (4) add to del.icio.us (1) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (2) Total: 7

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://loconet.web2.jp/blog/archives/2006/05/xhtmldtd.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
XHTMLの文書型宣言(DTD宣言) from webデザイナーのナナメガキ

Home > CSS > XHTMLの文書型宣言(DTD宣言)

Search
Feeds
Meta

Return to page top